投資信託

ひふみ投信の始め方を解説。口座開設までの流れ

更新日:

ひふみ投信は初心者でも堅実に資産を増やすことができる人気の投資信託です。

僕も資産形成のために、ひふみ投信の積立投資を行っています。

  • ひふみ投信を始めたいけれど、口座開設のやり方がよく分からない
  • ひふみ投信の始め方を解説して欲しい

という方のために、ひふみ投信の始め方、口座開設までの流れを解説していきます。

ひふみ投信の口座を開くまでに用意するもの。始めるまでに準備しよう。

ひふみ投信の口座を開くには、マイナンバー確認書類と本人確認書類が必要です。

提出は郵送の必要はなく、スマホのカメラで出来ます。

マイナンバー確認書類

  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 番号通知カード
  • 個人番号が記載された住民票の写し

マイナンバー確認書類は上記書類のいずれか1点を準備しておきましょう。

個人番号カードは通称マイナンバーカードですね。マイナンバーカードは市役所等で発行の手続きが必要なものです。マイナンバーカードを提出する場合は、後から説明する本人確認書類の提出は不要です。

番号通知カードは国から国民に送られてきている書類ですね。国民一人一人に送られてきているため、手元にあるか確認してみてください。

個人番号が記載された住民票の写しは市役所等で発行ができます。

本人確認書類

本人確認書類は1点でOKなものと、2点組み合わせることでOKなものがあります。

【1点で本人確認ができるもの】

  • 運転免許証
  • 旅券
  • 在留カード

【2点組み合わせることで本人確認ができるもの】

  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 年金手帳
  • 印鑑登録証明書

ひふみ投信の始め方を解説。口座開設までの流れ

ひふみ投信の始め方は、まずひふみ投信の公式サイトへアクセスします。

 

公式サイトにアクセスするとこのような画面になります。アクセスする日によって多少違いはあります。

右上の「口座開設のご案内」をタップしましょう。

 

口座開設のご案内の画面に来たら「ひふみ投信の口座はこちら」というボタンをタップします。

 

次に口座開設の申し込み情報を入力していきます。

 

 

ひふみ投信の同意項目に同意していきます。よろしければ、チェックしていきましょう。

いくつか同意、承諾する必要がありますので、ポチポチと同意していきます。

 

ご自身のお名前の情報を入力していきます。

 

性別、生年月日を入力していきます。こちらの情報はマイナンバー確認書類や本人確認書類と間違いが無いように注意していきましょう。

 

 

住所について入力していきます。住所は郵便番号を入力後「郵便番号から住所を自動入力」をタップしましょう。

すると、おおまかな住所まで自動で入力してくれます。

「郵便番号から住所を自動入力」をタップ後に足りない住所情報を追加で入力していきましょう。

ここでもマイナンバー情報、本人確認書類との住所情報に違いがないように注意してください。特に住所は入力ミスをしがちですから、書類と照らし合わせて入力するようにしましょう。

 

続いて電話番号の情報を入力していきます。必須事項は【自宅】の項目のみですから、自宅のみ入力すれば良いかと思います。

基本的には連絡が取りやすい電話番号を入力するようにしましょう。

 

 

メールアドレスを入力していきます。

 

職業を選択しましょう。職業は次の中から選択します。

  • 会社員、団体職員
  • 会社役員、団体職員
  • 公務員
  • 自営業
  • 医師
  • 弁護士、公認会計士、税理士
  • 派遣、パート、アルバイト
  • 主婦
  • 学生
  • 無職
  • その他

 

米国や国外に籍があるかどうかの確認です。

日本にのみ居住で海外に籍がない場合は、

  • 私は米国籍ではないため、該当しません。
  • 私は外国PEPsに該当しません。
  • はい。日本のみです。

を選択しましょう。

 

お取引暗証番号の設定をします。お取引暗証番号はひふみ投信の取引の際に必要になるため必ず覚えておきましょう。

番号は半角数字4ケタで入力しましょう。

 

目論見書不交付に関する同意の確認です。

目論見書とはひふみ投信に関する変更や追加などについて書かれた書類です。特に重要でないようなことも目論見書を投資家が毎回見るのも大変です。

目論見書不交付に関する同意を行えば、重要でない目論見書をいちいち確認せずに投資を行うことができます。

同意した場合でも目論見書の交付は受けることができますので、利便性を考えると「同意する」を選択する方が良いでしょう。

 

特定口座についての情報を入力します次の4種類の中から選びましょう。

  • 申し込む(源泉徴収を選択する。分配金についても特定口座に入れる)
  • 申し込む(源泉徴収を選択する。分配金については特定口座に受け入れない)
  • 申し込む(源泉徴収を選択しない)
  • 申し込まない(一般口座)

ひふみ投信で利益がでると、税金がかかります。一般口座の場合は、税金は確定申告を行い納めます。

しかし、いちいち面倒だという人も多く、ひふみ投信では特定口座を利用することができます。

特定口座を選択すれば、ひふみ投信で出た利益を自動的に計算してくれます。さらに、「源泉徴収あり」を選択した場合は税金の手続きも自動で行ってくれます。

初心者の方は

  • 申し込む(源泉徴収を選択する。分配金についても特定口座に入れる)

を選択するのがおすすめです。

 

ひふみ投信から送金するための口座を登録します。ひふみ投信を解約する際に送金される先です。

 

続けて口座の種別、口座番号を入力しましょう。

 

 

年収、金融資産を入力します。

【年収】

  • 300万円未満
  • 300万円以上600万円未満
  • 600万円以上1000万円未満
  • 1000万円以上2000万円未満
  • 2000万円以上

【金融資産】

  • 500万円未満
  • 500万円以上1000万円未満
  • 1000万円以上2000万円未満
  • 2000万円以上5000万円未満
  • 5000万円以上1億未満
  • 1億以上3億未満
  • 3億以上

上記の中から選択しましょう。

 

投資経験について記載します。投資経験が全くない場合は「投資経験なし」を選択しましょう。

株式や投資信託などの経験がある場合は投資の経験年数を入力しましょう。

 

お申込みの動機について選択しましょう。

  • 家族、知人の紹介
  • セミナー等に参加
  • 弊社ホームページ
  • 検索サイト
  • 本、新聞、雑誌
  • その他

上記の中から選択します。

投資目的についても併せて選択しましょう。

  • 将来のための資産形成
  • 余裕資金の運用
  • キャピタルゲインの追求
  • その他

この中から選択します。ちなみにキャピタルゲインとは値上がり益のことです。

自分の考えに合う選択しをチェックしましょう。

 

くるみ口座に関する選択です。くるみ口座とは、未成年口座のことです。

20歳以上の方は「口座開設者の方は20歳以上」を選択しましょう。20歳未満で未成年の方は「口座開設者は未成年者」を選択します。

本記事では「口座開設者の方は20歳以上」を選択していきます。

最後に「お申込み内容の確認」を選択しましょう。

 

「お申込み内容の確認」を選択後、入力に誤りがなければ、入力内容のご確認画面に移ります。

こちらでは入力した内容の再確認を行います。

住所は間違えがちですから、よくチェックしましょう。

 

入力情報が全て正しければ、「送信」ボタンを押して次に進みましょう。

口座開設のお客様情報の登録が完了しました。

 

確認書類のアップロードを行います。

こちらの「選択」をタップして写真をアップロードしましょう。

写真をアップロードするのは4枚です。

  • マイナンバー確認書類(表)
  • マイナンバー確認書類(裏)
  • 本人確認書類1(表)
  • 本人確認書類2(裏)

それぞれ表と裏を撮るようにしましょう。

 

写真のアップロードが完了すると口座開設の手続きが全て完了します。おつかれさまでした!

口座開設が完了すると、口座開設の通知の手紙が届きますのでしばらく待ちましょう。

手紙の中にログイン方法が記載されていますから、そちらで確認しましょう。

ひふみ投信の口座開設までの日数は?

口座開設の完了は申し込みが完了した日から1営業日~2営業日です。

ひふみ投信は土日祝日がお休みで、年末年始も一部お休みしています。

ひふみ投信の口座開設が遅い?原因は?

ひふみ投信の口座開設をしても、口座申込完了の手紙が届くのが遅れる場合があります。

原因は大きくわけて3つあります。

【原因1】休みを挟んでいる

例えば金曜日の夜に申し込みをした場合は、翌週の月曜日か、火曜日に口座が開設されます。火曜日に開設されたとすると郵送の時間を考えると木曜日ごろに到着することになります。

【原因2】申し込みが殺到している

ひふみ投信がテレビ番組のカンブリア宮殿で紹介された際には新規の申し込みが殺到しました。その際には口座開設から郵送まで3週間程度の時間がかかっていました。

申し込みが殺到している際にはホームページ等で告知があります。あまりにも郵送が遅い場合は一度ホームーページを確認してみましょう。

【原因3】申し込み内容に誤りがある

本人確認書類に不備があったりマイナンバー確認書類に不備があったりすると申し込みに時間を要します。

また、住所情報に間違いがあると郵送自体に時間がかかる場合もあります。もし申し込み内容に誤りがあった場合は、メール等で連絡があります。登録したメールを確認してみてください。

-投資信託

Copyright© ロボアドバイザーの徹底比較サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.