ウェルスナビ

ウェルスナビの始め方を解説。口座開設に必要な時間や日数、入金方法について解説

更新日:

ウェルスナビは初心者でも手軽に長期投資ができる人気の資産運用です。

  • ウェルスナビを始めてみたいけどどうやって始めたらいいの?
  • 口座開設したいけど、何が必要なのか分からない
  • 面倒くさそう

といった疑問や悩みにお答えします。

僕もウェルスナビの口座を開設するのは面倒だし始め方もよくわからなかったのですが、実際にやってみると5分くらいで手続きが終わりました。

案外簡単に出来てしまうので早速始めてみましょう。

ウェルスナビの口座開設に必要な時間や日数は?

ウェルスナビの口座開設は思っているよりも簡単で素早くできます。

  • 口座開設設定 → 5分
  • 口座開設の郵便物を受け取るまで →2or3日程度

口座の設定に5分ほど、口座開設の郵便物を受け取るまで2、3日程度で完了です。

この記事を読みながら口座の開設をしてみてくださいね。

ウェルスナビの始め方

ウェルスナビの口座開設に必要なものを集めておくとスムーズ

ウェルスナビの口座開設に必要なのは次の通りです。

  • 運転免許証 + 通知カード or マイナンバーカード
  • メールアドレス
  • 銀行の口座番号

上記3つの物が必要です。事前にこれだけは揃えておきましょう。

なお、ウェルスナビの口座を開くならウェルスナビの本体がおすすめです。

参考記事⇒ウェルスナビの口座を開くならどこがいい?

無料口座開設はこちらから⇒WealthNaviの公式サイトへ

口座開設の方法

ウェルスナビの口座を開くにはウェルスナビの公式サイトにアクセスします。

ウェルスナビの口座開設はここから

このように口座開設(無料)という場所をタップしましょう。

 

Eメールアドレスの入力方法

メールアドレスを入力する画面がでてきます。お持ちのメールアドレスを入力して「次へ」をタップしましょう。

 

ウェルスナビの認証コード

入力したメールアドレスに認証コードが送られてきますので確認しましょう。

数字4桁をメモしておきます。

 

パスワードの設定

先ほどメモした4桁の認証コードを入力します。

その後パスワードを設定しましょう。

パスワードの条件は

  • 8文字以上、25文字以下
  • 大文字、小文字、数字を含める

という条件を満たさなければいけません。これらの条件を満たしたパスワードを入力しましょう。

ユーザー登録完了

パスワードの条件が満たされるとこのように緑色になります。「ユーザー登録する」というボタンが押せるようになりますので、タップしましょう。

電話番号、職業を入力します

次にお客様情報を登録します。

電話番号を入力し、職業も入力しましょう。

株の経験や出金口座の登録

次に投資経験を選択します。

その後、出金時の振込先口座を登録します。出金時振込先口座はウェルスナビで出た利益などを出金する際に必要になるため間違いがないように注意しましょう。

出金口座を細かく設定します

さらに口座について情報を入力します。最後に本人名義という所をタップします。

セキュリティのため、本人名義の銀行口座のみ登録することができます。他人名義の口座は登録することができないため注意が必要です。

口座情報の入力が終わると次はマイナンバーカードを写真で送ります。

運転免許、通知カード、マイナンバーカードの登録をします

  • 運転免許証+通知カード
  • マイナンバーカード

のいずれかの写真を撮ります。写真を撮った後にアップロードを行います。

これでウェルスナビの口座の情報入力が終了です。

2,3日後に簡易書類が送られていますので、指定のURLからログインしましょう。

無料口座開設はこちらから⇒WealthNaviの公式サイトへ

リスク許容度の設定

ウェルスナビにログインするとリスク許容度の設定をするように促されます。

リスク許容度とは、どれくらいのリスクをとることができるか、というものを設定します。

リスク許容度の診断をはじめましょう

リスク許容度の診断はこのようになっています。

簡単な質問に答えていきます

リスク許容度の質問は全部で6つです。簡単な質問ばかりですから当てはまるものをタップしていきましょう。

リスク許容度をチェックします

質問に全て答えるとリスク許容度が設定されます。リスク許容度は5段階で、1が最も低く5が最もリスクが高いです。

基本的に5のリスクが最も高い状態が一番利益は出やすいと言われています。しかし、暴落のリスクも高いため、基本的にはウェルスナビが設定したいリスク許容度に合わせた方が良いでしょう。

リスク許容度の内容を確認して納得出来たら、「次へ」をタップしましょう。

リスク許容度については他の記事で詳しく解説していますのでよろしければチェックしてみてくださいね。

リスク許容度はどれがいい?

10万円以上の入金を行う

リスク許容度を設定したら、10万円以上の入金を行います。

入金を行うのは次の2種類があります。

  • 通常入金
  • クイック入金

通常入金は、なじみ深い銀行振込です。入金に数日かかります。

クイック入金はインターネットバンキングからの入金です。対応しているインターネットバンキングは次の通りです。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行

最初の入金額ですが、おすすめは小額ですね。いきなり利益を出そうとして高額な金額を入れたくもなりますが、ここは慎重にいきましょう。

最初は様子を見ながら最低額の10万円がおすすめです。

無料口座開設はこちらから⇒WealthNaviの公式サイトへ

入金のタイミングはどうすればいい?おすすめの時期は?

ウェルスナビの入金のタイミングやおすすめの時期は『特になし』です。それよりもコツコツと積立投資を行うことを考えましょう。

理由は次の通りです。

  • 初心者がタイミングを見計らうのは難しい・・・
  • 待ちすぎて逆に損した・・・

といったリスクがあるためです。

そのため、出来るだけ早めに初めてコツコツと積み立てをしましょう。

積立投資がおすすめです

積立投資のメリットは、安い時に多く購入し、高い時に少なく購入することが自然とできることです。

一気に大量に購入すると、どうしても高掴みして損することがあります。

積立投資であればそういったリスクを最小限に抑えることが可能です。

  • まずは10万円を入金する
  • その後、希望の積立額をコツコツ投資する

という流れで長期的に投資し続けることが何よりも大切です。

ウェルスナビの評判や最新の運用報告は下記の記事で紹介しています。一度チェックしてみてくださいね。

評判のウェルスナビをやってみた結果損失が出た。運用実績報告

-ウェルスナビ

Copyright© ロボアドバイザーの徹底比較サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.