テオ

THEO(テオ)の始め方、口座開設の方法を画像付きで解説

投稿日:

THEO(テオ)に興味があるけれど、始め方や口座開設の方法がよく分からない・・・という方!

本記事ではTHEO(テオ)の始め方や口座開設の方法を画像付きで解説していきます!

画像を多数使っていますので、直感的に分かりやすく解説されています!

本記事を読めば、だれでも簡単にTHEO(テオ)を始めることができます。

THEO(テオ)の始め方。口座開設に必要なもの

THEO(テオ)の口座開設に必要なものは次のいずれかの組み合わせです。事前に準備しておきましょう。

  • 通知カード + 本人確認書類
  • マイナンバーカード
  • マイナンバー記載住民票 + 本人確認書類

上記いずれかの組み合わせが必要です。2016年1月の法改正により、証券会社の口座開設にはマイナンバー提供が義務となりました。事前に準備しておくとスムーズにTHEO(テオ)を始められます。

THEO(テオ)の始め方。口座開設に必要な日数

THEO(テオ)の口座開設に必要な日数は3日~5日程度です。

  • 口座開設手続き 10分
  • 口座開設通知書 5日程度

口座開設の手続きが終わると、口座開設の審査後に5日程度で通知書が届きます。その通知が到着すると口座開設完了となります。

THEO(テオ)の始め方、口座開設の方法を画像付きで解説

THEO(テオ)はテレビCMなどが流れるなど人気が高いロボアドバイザーです。

管理人もTHEO(テオ)で口座開設をして実際に運用を始めています。

管理人の成績はこちらで解説しています。→THEO(テオ)の評判と私が投資した結果の運用実績を公開!損失も報告中

そんなロボアドバイザーTHEO(テオ)の始め方、口座開設の方法を解説します。

まずは、THEO公式サイトへアクセスしましょう。

公式サイトの「すぐに口座開設をしたい方はこちら」という場所をタップします。

 

  • メールアドレス
  • 年齢
  • 金融資産額
  • THEOニュースレターを受け取るか

上記4点を確認されます。

年齢や金融資産額については、のちほどのTHEO(テオ)の運用方針の決定に関わってきますので、正確に入力しておきましょう。

全ての項目を確認できたら、「メールアドレスで登録する」をタップして次に進みましょう。

 

先ほど登録したメールアドレス宛にメールが送信されます。メールを確認しましょう。

 

 

メールを開くと上記のようなメールが届いています。

「メールアドレスを認証する」をタップして、次に進みましょう。

 

 

次にパスワードを設定します。

  • 英小文字
  • 英大文字
  • 数字

これらを全て含む8文字以上のパスワードを設定しましょう。パスワードを決めたら「次へ」をタップします。

 

最初に答えた「年齢」「金融資産額」を元に、資産運用方針が決定されます。

こちらは後からでも変更することができますので、今回は「次へ」を押して手続きをすすめましょう。

なお、THEO(テオ)の資産運用方針については、

THEO(テオ)のポートフォリオのおすすめは?変更方法も解説します

という記事で徹底的に解説していますので、口座開設後に参考にしてみてください。

 

  • お名前
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所

これらを入力していきます。ここでは、後から提出する身分証と同じになっている必要がありますので、身分証と同じになるように入力していきましょう。

 

 

  • 電話番号
  • 職業
  • 投資経験
  • アンケート

を入力していきます。職業については、口座開設の審査に影響する場合がありますので、間違いがないように正確に入力していきましょう。

  • 口座の種類
  • 住所変更の有無

上記2点について入力していきます。

口座の種類ですが、「確定申告をTHEOに任せる。(特定口座・源泉徴収あり)」がおすすめです。

通常ですと、年間の利益が20万円をこえてしまった場合は自分で確定申告をする必要があります。せっかくTHEO(テオ)に運用をお任せしているのに、確定申告を自分でやると手間が増えてしまいます。

「確定申告をTHEOに任せる。(特定口座・源泉徴収あり)」を選択することで、確定申告を全てTHEO(テオ)にお任せできますので、手間が一気に減ります。

 

日本在住か?反社会的勢力でないか?などの確認をされます。確認後、「次へ」をタップします。

 

「個人情報保護に関する基本方針」をタップして、中身を確認します。

内容を確認したら「同意して次へ」をタップしていきます。

 

今まで入力した内容を確認する画面になりますので、間違いがなければ「この内容で登録する」をタップします。

 

続いてマイナンバーカードの提出を行います。

 

  • 通知カード + 本人確認書類
  • マイナンバーカード
  • マイナンバー記載住民票 + 本人確認書類

上記の組み合わせが必要となります。

「提出する」をタップするとスマホのカメラが起動しますので、写真を撮ったアップロードしましょう。

THEO(テオ)では契約書面はオンラインで発行されます。オンラインでの契約書交付に同意する場合は「承諾する」をタップしていきましょう。

 

 

「契約書面等を確認する」をタップします。各種契約書を観覧できますので、確認しましょう。

 

全ての契約書を確認後「上記書面全ての内容を確認・同意して契約を申し込む」をタップします。

 

以上で口座開設の手続きは完了です。

この後5日程度でTHEO(テオ)から手紙が郵送されてきます。手紙を受け取ったらTHEO(テオ)を利用することができるようになります。

なお、本サイトではTHEO(テオ)の使い方も解説しています。

THEO(テオ)への入金方法や積立方法、ログイン方法などについて詳しく知りたい方はこちらの記事をごらんください。

THEO(テオ)の使い方を解説!画像多数で直感的に理解できる

 

【現在タイアップ中のロボアドバイザー】

↓1000円無料プレゼント中!【本サイト経由限定特典】

THEOタイアップ限定サイト

  • 手数料が安いロボアドバイザー
  • 1万円から世界へ分散投資
  • ウェルスナビの分散先としても人気
  • 完全放置OK

管理人の運用実績はこちら

-テオ

Copyright© ロボアドバイザーの徹底比較ブログ【あおぞらロボアド】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.